CarePlus Cloudとは

~ BtoB製品・サービスにフィットしたカスタマーサポート向けクラウドサービス ~

カスタマーサポート(ヘルプデスク)が恒常的に抱える問題点とは

■顧客における問題点

■ヘルプデスクにおける問題点

CarePlus Cloudにてこれらの課題を解決できます!

その結果、下記のような効果が期待できます。

顧客満足度の向上 ⇒ 保守更新率の向上(売上向上)

ヘルプデスク業務効率化 ⇒ 固定費の削減(利益率向上)

長年にわたって各業界・業種のBtoBサポート業務に携わってきたSCSKのノウハウをご提供します

CarePlus Cloudは、事業領域・内容の異なる様々な部門の共同開発によって誕生しました。顧客以外にも、メーカー、委託先、代理店、営業部門など、ステークホルダーが多いBtoBならではのカスタマーサポート業務にフィットしたクラウドサービスです。

月額36,000円からというお求めやすい価格でSCSKのノウハウをご提供します。これからも定期的に便利な標準機能を追加していきます。

3,800社(部署)/9,800人のソフトウェア製品サポート実績

SCSKグループにおけるソフトウェア製品サポート(※)にて、3,800社(部署)/9,800人(2020年4月時点)のお客様にご利用いただいております。

Webポータルを中心とした仕組みのため、すべての利用者の働き方改革/テレワークソリューションとしてご利用いただけます。

※「CarePlus Software Product Support Service」対象製品・サービス一覧はこちら

すべてのステークホルダーのカスタマーサポート業務を便利に

サポート部門側の利用者からは「業務効率化によって、サポート要員をより付加価値のある業務にシフトして売上を伸ばすことができた」、顧客側の利用者からは「メールのように誤送信の心配がない」「調査内容の履歴が見られる」「過去の投稿をキーワード検索できる」などの声をいただいています。

CarePlus Cloudの特徴

CarePlus Cloud 概要

ステークホルダーが多いBtoBサポート業務に対応

「サポート部門」だけでは回答が難しい技術的な問い合わせを「開発部門」にエスカレーションしたい、休日・夜間専門の「委託先」と連携が必要といったご要望に応えます。

その他「営業部門」「メーカー」「代理店」といった様々なステークホルダーとの連携が必要となるBtoBサポート業務において、当社の長年のサポート業務の実績に基づく便利な機能を備えています。

問い合わせ窓口をWebチャネルに特化

電話、メール、チャットといった手段は、既存のIT資産の活用や手軽さという観点で確かに便利です。しかし、サポート部門・顧客の双方で引継ぎが困難であったり、特定のメンバーへの負荷集中や属人化といった問題を引き起こす可能性があります。更にはメリットであるはずのその手軽さが、実は問い合わせ重複の根本原因というデメリットにもなりかねません。特に、電話対応はテレワークの阻害要因になることもあり、必ずしも複数手段に対応することが最善の策とは限りません。

長期的な視点でBtoBサポートに求められる要素は、チーム内やステークホルダー間における可視化や連携のしやすさ、顧客の自己解決による早期対応が重要と考え、Webチャネルに特化しています。

顧客向けライセンス無償

問い合わせをする顧客に相当する一般ユーザのライセンスは無償です。そのため、ビジネス拡大に比例して本サービスの利用料が拡大することもなく、予算が立てやすいといったメリットがあります。

お問い合わせ

ご質問、ご相談、お見積りの依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム