インシデント管理ツールおすすめ10選|機能や選ぶポイントをわかりやすく解説

更新日:

SCSK株式会社、BtoBインシデント管理ツール「CarePlus Cloud」担当です。

インシデント管理ツールとは、インシデントの発生から復旧までを管理するためのツールです。インシデント管理ツールを導入すれば、インシデントに対応する際の負担を軽減するだけでなく、新しいインシデントの発生も抑制できます。

この記事では、BtoBサポート部門の担当者に向けて、おすすめのインシデント管理ツールを紹介します。ぜひご参考ください。

BtoBカスタマーサポートの成功のカギはステークホルダー間の情報連携にあります。「CarePlus Cloud」は、BtoBサポート部門の業務効率向上を実現するツールです。

まずは資料ダウンロード(無料) >

目次

インシデント管理ツールとは

そもそも、インシデント管理ツールとはどのようなものなのでしょうか。ここでは、インシデント管理ツールの概要を解説します。

カスタマーサポートにおけるインシデントとは

インシデントは、自社が提供しているサービスの停止や品質低下などの問題が発生し、ユーザーに対して悪影響を及ぼすことです。インシデントは英語の「Incident」であり、直訳すると「できごと」や「異変」と表されます。

サービスの不具合や手続きのトラブルなど、カスタマーサポートにはさまざまなインシデントに関する相談が寄せられます。


インシデント管理ツールの役割

インシデント管理とは、インシデントの発生から復旧までのプロセスを管理することです。インシデント管理では、まずインシデントの発生内容を確認しましょう。さらに、状況を正しく確認したうえで解決策を検討し、実行します。インシデントの原因を解消してサービスを復旧させるまでがインシデント管理に含まれています。

インシデント管理ツールを使用すれば、一連の流れを管理して着実に復旧を目指すことが可能です。また、インシデント発生の防止にも役立ちます。

インシデント管理ツールの機能

インシデント管理ツールの機能は、主に2種類にわけられます。それぞれについて具体的に解説します。

ユーザーからの問い合わせ管理

インシデント管理ツールでは、社内外からの問い合わせを管理するための機能がついています。電話、メール、チャットなど複数のチャネルからの問い合わせを一元管理したり、過去の問い合わせ内容を分析したりできます。インシデントが発生した場合に、少ない手間でスムーズに対応できるようにするための機能です。


自社内のプロジェクト管理

インシデント管理ツールは、プロジェクトを管理してインシデントの発生を防止するための機能を備えているものもあります。起こりうる問題をチーム全体で確認でき、リスクを回避するために役立ちます。具体的な機能の例をあげると、スケジュールやタスクの進捗管理、権限管理、通知による連絡漏れの防止などです。

インシデント管理ツールを導入するメリット

インシデント管理ツールを導入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。メリットについて詳しく解説します。

現状を可視化できる

インシデント管理ツールで管理している情報は、いつでも確認できます。状況に応じて関連する部署にも権限を付与すれば、情報共有に手間がかかりません。

現状を可視化できるため、どこに課題があるのかスムーズに把握できます。課題を解決する際の優先順位もつけやすくなります。


管理フローを標準化できる

インシデント管理ツールを使って客観的に状況をまとめられるようになれば、管理フローの標準化も可能です。属人化を防ぎ、担当者による対応の差も発生しません。

インシデント管理ツールに登録されているデータの分析もできるため、従来よりもさらに効果的な改善方法を見いだせる可能性があります。


過去データを蓄積できる

インシデント管理ツールで日々発生するインシデントを管理すれば、過去の対応記録をナレッジとして蓄積できます。新しいインシデントが発生した際も、データベース上の対応記録をチェックすることで、スムーズに対応するための参考情報として役立てられるでしょう。過去のインシデントを洗い出し、顧客対応の質を改善するためのヒントにすることも可能です。

インシデント管理ツールの選び方

インシデント管理ツールを選ぶ際は、さまざまなポイントをチェックする必要があります。選び方のポイントについて解説します。

機能

インシデント管理ツールによって、機能はさまざまです。自社で強化したい部分を明確にし、それに対応できるものを選びましょう。問い合わせ管理ができるツールであれば、インシデントが発生した際もスムーズなやり取りを実現できます。プロジェクト管理ができるツールなら、インシデントの発生に備えつつ、トラブルを起こさないための対策が可能です。


ITILへの準拠

ITILとは、ITサービスに関するマネジメントの成功事例を体系化しているガイドラインのことです。簡単な管理ができれば問題ない場合、ITILに準拠していないツールでも対応できる可能性があります。具体的には、インシデント管理やサービス要求管理にのみ対応できればいい場合は、ITILに準拠していなくても支障はありません。


インシデント管理

インシデント管理の目的は、ユーザーが遭遇したトラブルの原因を解消し、通常通り使用できるようにするまでのプロセスを管理することです。インシデントの発生が発覚したら原因を明らかにして具体的な対策を講じ、問題を解決します。


サービス要求管理

サービス要求管理とは、インシデントには該当しないリクエストを管理することです。たとえば、「アカウントをリセットして欲しい」や「メールアドレスを発行して欲しい」といった依頼は、サービス要求に該当します。


メンテナンスのしやすさ・拡張性

インシデント管理ツールは、カスタマーサポートだけでなく、社内ヘルプデスク、情報システム部門、人事部などでも使えるようにすると便利です。将来的に部門を超えて利用する可能性も考慮し、拡張性やメンテナンスのしやすさもチェックしましょう。


サービスの提供形態

インシデント管理ツールの提供形態は主に3種類あります。具体的には、パッケージでシステムを構築するオンプレミス型、オンライン上で利用するクラウド型、一部の業務の代行を依頼するアウトソーシング型です。自社の状況を考慮し、最適な形態を選びましょう。

問い合わせ管理ができるおすすめのインシデント管理ツール

ここでは、問い合わせ管理に対応しているおすすめのインシデント管理ツールを紹介します。

CarePlus Cloud

CarePlus Cloudは、インシデント管理やサービス要求管理のみに対応できれば問題ない場合に最適なツールです。たとえば、変更管理や問題管理などは既存の仕組みで対応できているため、顧客接点を強化する目的で新しくインシデント管理やサービス要求管理のツールを導入したいと考えている企業もあるでしょう。BtoBインシデント管理業務の成功のカギはステークホルダー間の情報連携強化にあると考えており、BtoBサポート部門の業務効率向上を実現します。

また、製品のディストリビューターや代理店で、変更管理などの機能は必要ない場合にもおすすめです。

※参考:CarePlus Cloud


zendesk

zendeskは複数のチャネルからの問い合わせをまとめて管理できるツールであり、インシデント管理の機能も付いています。インシデントについて条件分岐ができ、問題を切り分けてきめ細やかな対応が可能です。CTIシステムや分析・レポートツールなどとも連携できるため、自社の状況に応じた使い方が可能です。

※参考:zendesk


メールディーラー

メールディーラーは、メールやチャットからの問い合わせを統合して管理できるツールです。対応状況の管理ができ、ほかの担当者に対応を引き継ぐ際はコメントで注意点を添えられるようになっています。また、問い合わせへの返信を承認制にできるため、ミスによるトラブルも防止可能です。二重返信を防ぐための機能も付いています。

※参考:メールディーラー


Re:lation

Re:lationは、メール、電話、チャット、SNSなどの問い合わせに対応しているツールです。担当者へスムーズに案件を振り分けるための機能も付いています。また、メッセージの修正時は、ハイライト表示によって修正前後の比較が簡単に行えるようになっています。過去の対応履歴もすぐに確認可能です。

※参考:Re:lation


OKWAVE IBiS

OKWAVE IBiSは、主に中小企業を対象にした問い合わせ管理ツールです。問い合わせのチケットをまとめて管理し、対応状況を可視化します。未対応数もチェックできるため、対応漏れをなくしやすいです。問い合わせ対応に関するさまざまなデータをまとめたレポートを作成でき、トラブルを防止するための対策に役立てられます。

※参考:OKWAVE IBiS

プロジェクト管理ができるおすすめのインシデント管理ツール

ここでは、プロジェクト管理ができるインシデント管理ツールを紹介します。

Redmine

Redmineは、オープンソースのソフトウェアです。サーバーにインストールすれば、無料で利用できます。ガントチャートを自動作成できるため、タスクの進捗状況もスムーズに把握可能です。

また、パソコンだけでなく、タブレットやスマートフォンからもアクセス可能です。いつ・どこでも、プロジェクトの状況をチェックできます。

※参考:Redmine


Backlog

Backlogは、さまざまな企業で導入されているプロジェクト管理のためのツールです。プロジェクトの状況や課題を可視化でき、問題が生じそうなときも早めに気付けます。担当者や作業内容の変更時には、メールで通知が届きます。画面がシンプルで使いやすい点も、多くの企業から選ばれる理由の一つです。

※参考:Backlog


Time Krei

Time Kreiは、プロジェクト管理をはじめとする便利な機能がそろっているツールです。予定・実績管理、グループウェア、分析などの機能も付いています。スケジュールやタスクも共有しやすく、素早く現状を把握してリスクを管理できます。オンプレミス型とクラウド型があるため、自社の状況に応じて選択可能です。

※参考:Time Krei


Asana

Asanaは、継続的に発生するタスクを自動で管理できるツールです。ツール内に目標を設定する機能も付いているため、メンバー同士の意識をそろえられます。テンプレートも充実しているため、新しくプロジェクトを立ち上げる際もスムーズです。変更が生じてもすぐに確認できるようになっています。

※参考:Asana

monday.com

monday.comは、ルーティンワークを自動化するためのツールです。事例をもとに作成されたテンプレートがあるため、ワークフローを作る際も手間がかかりません。また、画面がシンプルで見やすく、さまざまな業界や部署で活用できます。作成したデータはほかのツールでも表示でき、幅広く利用可能です。

※参考:monday.com

まとめ

業務を適切に進めるためには、インシデント管理にも力を入れる必要があります。そのためには、インシデント管理ツールを活用すると効率的です。さまざまなツールがあるため、自社の状況に応じて最適なものを選びましょう。

CarePlus Cloud」は、SCSKの長年の経験やノウハウをもとに作られたBtoBインシデント管理ツールです。顧客接点やステークホルダー間の情報連携強化が顧客満足度の向上に繋がります。ぜひ導入をご検討ください。

無料トライアル申し込み
資料ダウンロード(無料)

資料ダウンロード(無料)

お問い合わせ

ご質問、ご相談、お見積りの依頼などお気軽にお問い合わせください。

簡単1分 お問い合わせ